学校法人ホライゾン学園 仙台校

教育構想

Thumbnail

教育理念(目的)

Educating Global Citizens
グローバルな人材の育成 -「輝」の追求-

英語を身に付けただけでは「グローバルな人材」とは言えません。本校では、英語と日本語の二言語で学習・生活することによって、国際社会を生き抜くために必要な基礎と素養を身につけます。

・確かな学力の定着
・日本語と英語の習得・伸長
・異文化の理解と尊重する態度
・情報活用能力

目指す児童像

特色ある教育活動で、5つの「心」と「態度」を身につけます。

やさしく Caring and Responsible

・分自身や他者に対して思いやりの心で接する子ども。
・社会をよりよくするために尽くそうとする子ども。
・他者を敬い、自分の言動に責任をもつ子ども。

かしこく Inquirer and Knowledgeable

・主体的に(自ら進んで)学習に取り組む子ども。
・互いに学び合い、高め合い、認め合う子ども。
・社会生活で活かせる確かな学力を身につける子ども。

たくましく Balanced and Courageous

・自分の体を知り、進んで体を鍛える子ども。
・何事にも粘り強く取り組み、最後までやり抜く子ども。
・心身ともに活力に満ちあふれ、力強く生活する子ども。

なかよく Open minded

・日本人の価値観を大切にし、誇りをもって生活する子ども。
・異文化を理解し、認め、受け入れることができる子ども。
・互いに認め合い、誰とでも分け隔てなく接する子ども。

ひらく Communicator

・日本語と英語で学び合い、コミュニケーションが取れる子ども。
・広い視野と向上心をもって行動する子ども。
・自分を理解し、常に新しいもの、よりよいものを求める子ども。

特色ある教育活動

教育理念・目標の実現のため、本校では以下のような特色ある教育活動を行っています。
これらの教育活動を通し、児童は「生きた英語」を身につけるだけではなく、 グローバルリーダーとして真に活躍できる「生きる力」や「多様性への理解」、そして確かな学力も身につけます。

英語イマージョン教育の実践

● 教科の約5割を英語で学習しています。
● 日本人と外国人が身近にいることで、常に二言語を必要とする環境があります。
● 英語力に応じた指導体制をとっています。

探究型学習の実践

● 国際バカロレア(PYP)を導入しています。2020年度現在は、PYP認定候補校としてPYP認定校を目指しています。
● 教科の枠をこえた6つのテーマで探究型学習を実践しています。
● 世界基準のプログラムで国際的視野を持つ児童を育成します。

英語と日本語による言語活動の充実

● 自分の考え、意見、感想などを持たせるための指導方法を工夫しています。
● 「話し合う」、「発表する」、「説明する」、「質問する」、「答える」活動を取り入れた指導ができるよう工夫しています。
● 全校児童に自分の意見や考えを英語と日本語で発表する場を設定しています。

国際理解教育の推進

● 日本の文化や価値観を学び継承しようとする心を育成します。
● 外国人教員による自国文化や習慣を取り入れた指導を重視しています。
● 3年生から「第二外国語活動」を行っています。

情報活動の充実

● 情報の「収集」「整理」「分析」「まとめ」「発信」などの過程を取り入れた計画的な指導を行っています。
● 3年生から「情報活動」の時間を設けています。
● PCを始めとする情報機器の操作スキル、プログラミングの基礎を習得するための活動を行っています。

小学校での外国語活動及び外国語について

令和2年度より、小学校において新学習指導要領が全面実施され、第5・第6学年で年間35単位時間の「外国語活動」が必修化されました。 外国語活動においては、音声を中心に外国語に慣れ親しませる活動を通じて、言語や文化について体験的に理解を深めるとともに、 積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育成し、コミュニケーション能力の素地を養うことを目標として様々な活動を行います。 (文部科学省「小学校外国語活動サイト」より)

上記のように、日本政府・文部科学省の方針として、グローバル化に対応した英語教育が強化されています。

しかし,公立小学校においては,まだ十分に指導体制が整っているとはいえず, 高度な英語指導力を備えた人材の確保や指導法の確立,教材の整備が課題として挙げられています。

本校では2016年の開校時から,これらの動きに先立ち、日本人教員と外国人教員の二人担任制を導入した英語イマージョン教育を実践し, 二言語を学び・使用,活用する言語環境を提供することで,「生きた英語」を身につけることができる環境を整えてきました。

日本人教員を採用する際には、教員としての経験だけではなく、外国人教員と英語でコミュニケーションをとることのできる英語力を持っている人材を。

そして、外国人教員を採用する際には、母国での「教員免許」を取得していることを条件とし、 ただ単に英語を教えるだけではなく、指導者としての経験と資質のある人材を採用しています。