学校法人ホライゾン学園 仙台校

学校法人ホライゾン学園 仙台校

イマージョン教育

イマージョン教育とは、未修得の言語を身につける学習方法の一つであり、その言語の環境に浸すことによって、その言語を身につけさせる方法です。 しかし、イマージョン教育は単にその言語の言葉を習うのではなく、教科をその言語で学ぶことで、自然とその言語を習得するという方法です。 1960年代英語とフランス語を公用語にしているカナダで始まり、外国語習得の最も効果的な方法として現在世界各地の学校で導入されています。

イマージョンの意味

イマージョンとは、英語のimmersionという単語の発音をそのままカタカナで表わしたもので、「浸すこと」という意味です。

英語を学ぶのではなく、英語で学ぶ。

イマージョン教育とは、未修得の言語を身につける学習方法の一つであり、言語の学習者を修得させたい言語の環境に「浸す」ことによって、その言語を身につけさせる方法です。 「言語の環境に浸す」とは、単にその言語を使用するということではなく、教科などの学習をもその言語で行うことで、自然とその言語を習得していくという方法です。

イマージョン教育の歴史と日本での実践状況

イマージョン教育は1960年代英語とフランス語を公用語にしているカナダで始まり、外国語習得の最も効果的な方法として現在世界各地の学校で導入されています。 日本におけるイマージョン教育は、1990年代から導入が始まりました。 現在では、本校のように英語イマージョン教育を実践している義務教育(一条校)の小学校は約10校になっていますが、これからも増えると考えられます。

英語イマージョン教育の目標

英語イマージョン教育は次のような4つの明確な目標を持って実践されます。

<第一目標>

英語に熟達することです。 英語習得の創意工夫をこらした環境で様々な学習活動を行うことで、英語のネイティブスピーカーに近い言語能力を身につけ、 英語で自由にコミュニケーションができる能カを養うことを目標としています。

<第二目標>

第一言語(私たちの場合には日本語)の運用能力を保持し、それをさらに伸ばすことです。

<第三目標>

英語イマージョン教育を受けている生徒の一般学習能力を着実に育て、全教科の教科内容を学齢にふさわしいレベルで習得することです。 英語イマージョン教育の成果は、生徒の英語能カのみで判定されるのではありません。 生徒の学業成績が英語イマージョン教育を受けていない生徒の成績と同等もしくはそれ以上に達した時、英語イマージョン教育の成果が認められるのです。

<第四目標>

杜会文化能力の育成です。グローバル化が進む今日、世界的視野を得て、他の言語、文化を尊重し共存することが必要とされています。 生徒自身が異なった言語および文化を尊重し、それらを理解する姿勢を養い、同時に自己のアイデンティティーや母文化に対する敬意の念を新たに見出すことを目標とされています。

ホライゾンでの取り組みはどんなものですか?

ホライゾン学園仙台校では、次のような形で英語イマージョン教育を実践しています。

ELC

Preschool(年少)クラスから子ども達は、全ての学校生活を英語だけによる指導・指示の元で過ごし、様々なことを英語で学びます。 このような英語の環境に浸ることによって、自然に英語を身につけています。 もちろん、子ども達の健康面や様々な悩みに関することなどについては、必要に応じて日本人スタッフが対応します。

小学校

ホライゾン学園仙台小学校では、日本人と外国人による一学級二人担任制を導入し、教科の5~6割を英語で学習するパーシャル・イマージョンを採用しています。英語を教科として学ぶと共に、算数などの教科学習や学校生活の中でも英語を沢山使える環境を提供しています。